お客様本位の業務運営に関する方針

お客様本位の業務運営に関する方針

株式会社徳英(以下、当代理店といいます)は、「お客様本位の業務運営」を推進していくために、金融庁の定める「顧客本位の業務運営に関する原則」に則り、「お客様本位の業務運営に関する方針(以下、本方針といいます)を定め、本方針のもとでお客様にとってより良い業務運営を行うよう、本方針に基づく取り組み内容を定期的に確認し、その結果について公表します。また、継続して本方針を実現するために、今後、社会情勢や経営環境などの変化を踏まえ、その必要に応じた本方針の見直しを行います。

1.方針

(1) お客様にとって最善となる提案

  • 当代理店の募集人は、有している専門的な知識や経験に基づき、お客様にとっての最善の利益を図ります。
  • お客様に対して、公正で誠実な業務運営に努めます。
  • これらを代理店の文化として定着させます。

(2) お客様本位の業務運営を実現するための態勢

  • 当代理店は、代理店が得る利益の多寡に関わらず、お客様にとっての最善の利益を図ります。
  • 代理店の利益が優先され、お客様の利益を損なわれることが無いように、取引を適切に把握・管理する態勢を整備します。

(金融庁の定める「顧客本位の業務運営に関する原則」原則4に該当する、お客様が手数料を負担する商品の取り扱いはありません)

(3) お客様にとってわかりやすい情報提供

  • 金融商品の専門知識や用語について、お客様のご理解に合わせて可能な限りわかりやすく表現して伝えます。
  • お客様にとっての基本的な利益のみならず、損失やその他に発生しうるリスクや取引の条件などについても説明します。
  • 推奨・販売する商品については、お客様のニーズや意向を踏まえた上で選定し、推奨する理由を説明します。

(金融庁の定める「顧客本位の業務運営に関する原則」原則5(注2)に該当の、複数の金融商品・サービスをパッケージとして販売・推奨等を行うことはありません)

(4) お客様にとってふさわしいサービスの提供

  • お客様の有する取引経験や知識、ニーズを把握して、お客様にとってふさわしい商品を推奨・販売します。
  • 募集人は、取り扱う金融商品の仕組みや関連事項について理解しやすく説明するとともに、お客様が金融取引に関する基本的な知識を得られるように情報を提供します。
  • ご契約をご継続中のお客様に対する情報の提供や定期的な連絡、各種変更の手続き、保険金・給付金等の手続きについても、タイムリーでわかりやすいサービスを提供します。

(金融庁の定める「顧客本位の業務運営に関する原則」原則6(注2)に該当の、複数の金融商品・サービスをパッケージとして販売・推奨等を行うことはありません)
(金融庁の定める「顧客本位の業務運営に関する原則」原則6(注3)に該当する、金融商品の組成に携わる金融事業者ではありません)

(5) 従業員に対する教育・指導・動機付けの枠組み

  • 当代理店は、お客様の最善の利益を追求するために従業員研修を実施し、従業員の商品知識や適切な商習慣の向上に努めます。
  • 当代理店は、本方針を含めた各種法令・規定などを遵守するために、当代理店のガバナンスが機能するよう努めます。

2.具体的な取り組み内容

(1) お客様にとって最善となる提案

  • 契約概要について、必ず説明するとともにお客様のご理解に合わせながらその説明を進めます。
  • パンフレットやご提案書の中に、お客様にとってデメリット(不利益事項)となりうる情報があれば、積極的にそのリスクについて説明します。
  • お客様に対する説明に間違いがあれば、発覚後速やかに訂正し、改めて正しい情報を提供します。
  • 当代理店は、募集人の提案について定期的に検査・点検し、サービスの均一と品質の向上・定着に努めます。

(2) お客様本位の業務運営を実現するための態勢

  • 当代理店は、保険会社などから受ける報酬等によって発生する代理店の利益を優先した商品の推奨や販売・サービスの提供を禁じています。
  • 当代理店は、商品のご提案前に必ず、あらかじめ取り扱っている保険会社を明示し、それぞれのお客様に最適な商品をご提案します。

(3) お客様にとってわかりやすい情報提供

  • 保険商品の主契約と特約の違いや、将来的な中途解約ならびに中途付加の可否などを含めて説明します。
  • お客様に対する説明はわかりやすさを重視し、お客様のご理解を確認しながら進め、明確で誤解を招くことのないよう配慮します。
  • お客様にとって、理解が難しい商品やサービスは基本的な構造などを、わかりやすく丁寧に説明します。
  • お客様にとって、より重要な事実については強調するなどして注意を促し、お客様自身が他の商品やサービスと比較検討できるように配慮します。

(4) お客様にとってふさわしいサービスの提供

  • お客様が保険や金融商品の検討をするのが初めての場合は、基本的な構造や専門用語をお客様のご理解にあわせてわかりやすく丁寧に説明します。
  • ご高齢のお客様(満70歳以上)に対しては特に慎重に説明を行い、ご契約に際してはご親族の同席や複数回訪問などの配慮をもって対応します。また、後日、保険募集をした者以外からご契約者様へお電話し、意向に沿ったご提案であったかの確認をいたします。
  • 既に保険契約をお持ちで、保障の見直し等をご検討されるお客様に対しては、まずは現状の分析を行い、保険を見直す上でのデメリット(不利益事項)を説明し、その上でメリットを説明します。
  • ご契約後の定期的な情報提供や、必要に応じた訪問説明などを実施し、ご契約に対するお客様のご理解・ご認識が継続するように努めます。

(5) 従業員に対する教育・指導・動機付けの枠組み

  • 当代理店は、定期的に従業員向けのコンプライアンス、商品等の研修を実施します。また、資格取得支援を制度として設けています。
  • 当代理店は、お客様からの苦情や相談、事故情報・保険会社からの連絡事項などについて適宜、周知・共有し、日々のお客様対応に活用できるようにします。

3.お客様本位の業務運営に係る方針に基づくKPIについて

お客様本位の業務運営に係る方針に基づく取り組みの進捗状況について定量的に把握し、その取り組みをより一層推進するための結果指標(KPI)を以下の通り設定いたしました。
今後も本方針に基づく業務運営の状況について定期的に検証・見直しを行い、お客様の最善の利益を追求し、お客様から選ばれる会社であり続けるよう努めてまいります。

お客様本位の業務運営に係る方針に基づくKPIについて(PDF:93KB)

2021年3月22日制定

 

カンタン1
無料相談
保険に関するお悩みは、お気軽にご相談ください
無料相談・お問い合わせはこちらから
LINE@ お問い合わせ 無料
LINEからのお問い合わせも受け付けております
お問い合わせはこちら
お見積り・資料請求
アフラック商品のご案内、お見積り・資料請求はこちらから
メールフォームはこちら